15 TOURNAMENT ISO 競技 LBD

スポンサードリンク

ω・)15トーナメントiso競技が届きました。

2015年夏のボーナス:特に何も買わず
2015年冬のボーナス:特に何も買わず

1年分貯めたんだし、大物を1発買いたいなぁと。
トーナメントiso、銀狼、インパルトの中から選定していきましたが、やっぱり一番カッコイイのはこれではないかと。銀狼も最後まで悩みましたが、ここまで高いともはやそんなに価格差感じないし、フラグシップモデル買ったるぞ〜。競技じゃないトーナメントisoもカッコイイんですけどね。赤が・・・やっぱり赤いと強そうに見える・・・。

私、リールはプレイソしか持ってないので高いリールは初めてです。
パコッと箱を開けると、


リールケース?

ω・)ナンダコレハ?

リールを入れるケースだろうか?何故こんなものが必要なのか??

もしかして、傷が付かないようにリールケースに入れて運ぶんだろうか?まさか、竿とリールをケースに入れて持って行き、現地で組み立てるとか??超メンドくさいんですけど。

いや、昼間はいいとしても夜釣りで現地でガイドラインに道糸通すなんて難易度高すぎる。釣り具総合メーカーのダイワ様がそんなことを考えないわけがない。絶対考慮してるはず。

つまり、ケースを付けたまま持ち運べる機能が付いてる。


こうかな?

合ってるかな?合ってる。多分。

さて・・・

ω・)ハンドルを右に付け替えるか。

ワタシ、右ハンドル派です。左ハンドルは・・・。諦めました。


本体

う〜ん、やっぱり赤くて黒くてカッコイイなぁ。
道糸は1.85号が150m巻けるらしいです。

普段は3号道糸を巻いてるんですが、どうしよう?リールに合わせてやっぱり2号位を巻こうかな?

以前2号を巻いた時は、プチプチ切れて嫌になって止めたんですよね。

う〜ん、3号巻いてもいいけど、折角高いの買ったんだし、リールに育ててもらう意味でも2号にしようか・・・。

早速釣具屋に行き、道糸コーナーで悩める人になりました。

ω・)どれを買えばよいのじゃ〜??

2号クラスの細さだと、やっぱり切れにくいやつじゃないと困る・・・。

フロロとナイロンが融合したやつとか発売されてるし、困った。分からない。

そんな時に目に止まったのがダイワの道糸。

『耐摩耗性1000%アップ』

とか書いてあります。1000%って・・・アップしすぎだろう・・・。

まあ、摩耗性がアップしたのはいいこと。ちょっと高いけど、ウキが無くなるよりはいいか。コレにしよう。

ダイワ アストロン

ω・)頼みますよ、ホント切れないでね。

と願かけながら巻きます。

巻き終わり。

・・・。


カッコイイ!!いいんじゃない?なんか、上手くなったみたい。

早く使ってみたいなぁ。

おわりんこ

↓今日は仕舞いだぜ ブログ村へのお帰りはコチラ
にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

スポンサードリンク