2016/05/29 釣行記 三浦・油壺 マリンパーク下 夜釣り もはや肝試し

image
スポンサードリンク

前回釣行からのおさらい

前回、念願の40cmオーバーのメジナを釣った私は40cmオーバーが夜に寄ってくる条件を絞り込むため、またしても夜釣りに出掛けることにしました。仕掛けは前回と同一。

釣行記

晩御飯を食べてからの出撃です。本当は真鶴に行こうと思ってたのですが、やっぱり三浦にしておきました。真鶴は明るい内に入って磯で日没を迎えるパターンがいいです。

真鶴は怖すぎる・・・。

宮川・観音山下、塩田跡が次に頭に浮かびましたが駐車場ってどうなるんだろう?と考えていたら、安全策でマリンパーク下にしておいた方がいいかなと。

マリンパーク下に向かいます。

不気味な坂が磯への入り口です。写真撮ろうかと思いましたが、変なモノが写ると嫌なので止めておきました(お墓があります)。ヘッドライトを点けて、いざ。

この一歩が道になり、この一歩が道になる。ヘッドライトに照らされた道だけが白く浮かび上がります。

・・・あぁ、怖い。怖すぎる。超怖いんですけど。

磯に着いてしまえば何てことはなくなるのですが、ここの鬼門はこの坂です。鬼門?鬼門と言えば・・・

ダメだ!考えちゃ駄目だ。サクサク歩こう。そうだ、そうしよう。

・・・。

何とかマリンパーク下に辿り着きました。一般的なマリンパーク下とはちょっと異なる場所です。狙うは浅場。マリンパーク下の近くにポンプ下という磯があり、日中はアイゴが多いところですが夜は大型のチヌやメジナが仕留められた実績があります。

このポンプ下に入ってくる大型メジナが通り道にするであろう地点が今回の私が狙ったポイントです。

状況
・小潮
・曇り時々雨
・暑くもなく、寒くもなく

磯に着いちゃえば月明かりがあるので、大丈夫です。よし、今回も大型のメジナを釣ってやるぞ〜(あわよくば大型の黒鯛も釣れちゃって構わないんですよ?)。

期待度高めです。月の光と記憶を頼りに浅場の水深を計ります。1ヒロ切ってました。よし、想定通りです。

根掛かりは、ある程度仕方ないです。

さて、釣りを始めてみると、ネンブツダイがまだ残っており、しばらくはネンブツダイ祭りでした。早く消えてほしい。

色々な場所に仕掛けを入れてみると、ネンブツダイが固まっている場所が大体見えてきました。

ネンブツダイが夜に潜んでいる所にはメジナは寄らないんじゃないかな?違うかな?

どっちだろう?

とりあえず、ネンブツダイを避ける浅場でやります。

ザッパ〜ン

今日はちょっと波があります。

仕掛けの流れ方が速いです。それに、先週は気にならなかった、藻がすごい。メッチャ浮遊してます。

根掛かりか、藻か。そんな状態が続きます。ウキトルパラソルも三回くらい使いましたね。

時刻は午前1時。釣れません。ネンブツダイは釣れるのに。どこに潜んでいるのでしょう?絶対この付近だと思うんですよ。

・・・・。

ん?

背後に気配が?

ハッと振り返ると岩肌に人影が映ってます!!

あ、俺だ。

何だ、俺かよ・・・。

そういえば、船釣りメインの後輩が言ってました。「絶対にありえない場所に人が立っているのを見た。と、船長が言ってました」

周りを見渡してみます。360度、何処に立ってても全部不自然ですね・・・。

せめて、右前にしてくれないかな?右前なら何とか・・・。

ダメだ!!考えちゃ駄目だ。というかあ奴、夜釣りの前に変な記憶をインプットしおってからに・・・。

思考停止。

完了。そう、ワタシにはウキしか見えない。ふふふ。

午前2時

そろそろ来てくれないと困るんですけどね。

う〜ん。

あれ〜?

おかしいな〜?

 

釣果

メバル×1匹。

image

 

ω・)も、もう一回愛の手を・・・。次こそ必ず。

 

夜釣り メジナ ポイントの検証と次の目標

2016.05.26

 

↓今日は仕舞いだぜ ブログ村へのお帰りはコチラ
にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

スポンサードリンク