2016/05/15 釣行記 真鶴・黒崎 メジナ狙い 獣道の果てに見えた磯

img_2256.jpg
スポンサードリンク

これまでのあらすじ

前回、鉄棒でまぁまぁの釣果をあげたワタシはもう一回くらい真鶴行っておこうかと計画していた。サクッと40cmオーバーのメジナでも釣れてくれればいいのに。

ここから本編

今週も真鶴に行きます。前回、番場浦の階段で疲労度MAXになったので今回は階段がないところに行こうかと。

平坦な三浦の磯と違い、真鶴はアップダウンが激しく入釣するのが難しいところが多いのです。

ロープ一本で崖下りとか普通に出てきます。雨の日は行っちゃダメよ。

磯本を見ながら子連れ狼の私は黒崎を選択しました。ここなら何とかなりそうかな。

情報によると、ここは潮が速いらしいです。

ω・)望むところだ

瀬戸内海で渦潮と戦った私は潮が速くても平気になっていました。いや、むしろ潮と戦いたい。

潮が速いって言っても天気がいいし、そこまで重いオモリは必要ないかな?ウキはG2で準備します。

仕度を整え、いざ出陣。夕マヅメ付近一発狙いです。

うっかり通り過ぎやすい小田原マリンをうっかり通り過ぎた私は青木釣具店でコマセを購入しました。気を抜くといつも通り過ぎちゃうんだぜ。

中川政一美術館の無料駐車場に車を止め、展望公園までテクテク歩きます。ここを突き抜けると磯への入り口があるらしいです。

展望公園に入ると、何やら賑わってます。パークゴルフ場ですね。

ω・)この道で合ってるんだろうか?

疑問符が頭に浮かびますが、パークゴルフ場を突き抜けることにします。

すると、目の前が公園らしくなってきました。良かった、合ってるっぽいです。

この公園の左端から磯に入れるらしい・・・。

う〜む、ここだろうか?

鬱蒼と草木が茂った道っぽいのが見えます。観光客の視線を感じます。観光客には磯釣りフルセット親子はどのように映っているのだろうか?

ここで『安全第一』とかかれた柵を乗り越えて行かねばならないとは・・・。レベル高いなぁ。

仕方ない、行きます。

ω・)ちょっと、パパが先を見てくるからここで待っててね。

私1人で偵察に向かいます・・・。先に進むと、案外道が開けてました。行けるか?行けるな。

息子を呼び寄せ、獣道みたいな道を進んでいきます。


展望公園から黒崎に向かう道

〜途中〜

ω・)この草は触っちゃダメだぞ!!かぶれるぞ!!

ω・)倒木だ!!気をつけてまたぐんだぞ!!

ワ〜!ワ〜!ギャ〜!ギャ〜!!

・・・

『パパ、海が見えたよ

ほほぅ

黒崎の真ん中の根

これはこれは中々良さそうな磯ですな。先釣者は2名いらっしゃいました。

磯に着いたところで荷物を降ろし、釣り場に辿り着く道を探します。先釣者がいらっしゃる場所は難易度が高く、子連れの私達では降りれそうにありません。どこかに簡単に降りれる場所はないかな??

あ、あった。

黒崎の湾内

湾内だけど、安全第一。ここでも釣れるさ。

とはいえ、それなりの岩場を降りるので、ゆっくり降ります。

あ、

ω・)漁師さんのボートが来た!あ、そこは止めて・・・

なんと、開始3分前に付近に網入っちゃいました。もう場所移動する気になれないからここでやります。


黒崎湾内サラシ付近

網を避けると、この辺かな。水深は深そうですね、竿一本は余裕であるぞって色です。十分釣れるんじゃないですかね。

さて、どんな感じかな

状況
・小潮
・晴れ
・ほぼ無風
・暖かい

真鶴はキワでも釣れるっぽいので最初はキワからやりますか。しかし、キワは真鶴名物キタマクラ地獄でした・・・。注意しましょう、ハリスがボロボロになります。

なれば、とサラシの周りを攻めます。

・・・う〜ん、ニブイ、ニブイなここ。反応がニブイぞ。

さっさと起きろ、メジナ共め。

『パパ、ボクはまだ?

ω・)ちょ、ちょっと待っててね。まだお魚さん起きてないんだよ。ははは

コマセへの反応が悪いです。やばいですね。どうしたものか。ちょっと沖に投げて状況を探ることにします。

ん?

おるぞ、ここにおるぞ!?

メジナ発見しました。足裏の小さいヤツですが、とりあえず息子に釣らせてやります。

息子、満足してます。この先のことを考えると小さいけどキープしときますか。

『じゃあ、パパが大きいの釣ったら次は僕ね。

と言われ、息子から竿を渡されました。難易度上がったなぁ・・・。

・・・

会社の上司曰く、

『思い切ったことやらないとダメなんだよ!!』

あぁ、仕事でのアドバイスですが、頭にピンと浮かびました。

はい、そうですね、、

ω・)必殺!!超絶大遠投〜!!


ドォリャァァ!!


遥か先まで大遠投しました。遠矢ウキが見事にヒューンと飛んで行きます。我ながらいい飛びっぷりですね。

ここまで飛ばすとコマセは届きません。潮が沖に伸びてるので、コマセはユラ〜っと潮に乗って届く、ような気がする、いや、届くんだ。タブン。

視認性抜群の棒ウキは大遠投しても見えます。ここからは待ちの釣りになりますね。

1分、2分、5分と時が過ぎ去って行きます。

エサ取られてたらどうしよう?いや、まだ付いてるハズ。ここは待ちだ。

・・・

・・・

ω・)はよ引け・・・

気が短い私は若干イライラします。

フヨ〜ん

ウキが変な沈み方しました。何よ、その沈み方。

よいしょっと合わせます。魚付いてるかな??
お、お?付いてます。遠投だからイマイチ引きがボヤけてますが、まぁまぁの引きです。

寄せてみると、

おぉ〜!!尺越えちゃったかな〜

ω・)おぉ〜い、パパ大きいの釣ったぞ。やるか?

息子と交代します。

再びの大遠投!!

ちゃんとウキ見えてるかな?

〜5分後〜

スゥ〜

入ったぞ!!合わせろ!!

お、掛かったようです。

『ウキが見えないよ〜

遠いからいっぱい巻かないと見えないよ。ゆっくりリールを巻くんだ。

さて、どんなもんですかね。息子は指示通りゆっくりリールを巻いています。しばらくすると、ウキが見えて来ました。釣り場がちょっと高いので私はタモを持って息子から離れ、下の段に降ります。

よ〜し、もうちょい寄せてね〜。

『お、重いよ〜

あん?息子を見上げると竿が完全にノされてます。

ω・)竿を立てるんだ、頑張れ!!

お、立てました、やるなぁ。

ω・)もうちょい左、左に寄せて

取り込みがちょっと難しい場所なので苦労します。

現れたのは、結構なサイズのメジナ。

あれ?コレ、私が釣ったヤツより大きい?

タモ入れ終了し、私が釣ったのと比べます。

『僕の方が大きいね!!

な、なぬ〜!!しかも結構デカイな。

尻尾が白くなってるので35cmは超えるような感じです。

また息子に負けるのか・・・。

その後、パパは息子から竿を奪還し日没付近までやりましたが、超えれませんでしたとさ。

帰り道が心配なので完全に暗くなる前に撤収。

釣果

メジナ五匹、メバル一匹



メジナ35cm(小学一年生)

ω・)真鶴では地味な部類に入る黒崎、行ってみると結構な秘境でした

2016/05/07 釣行記 真鶴 鉄棒 真鶴と三浦はどっちがデカいメジナが釣れるのか?

2016.05.11

使用タックル(竿):Daikoh PROFIELD 瞬技 1.25号 5.3m
リール:Daiwa 10プレイソ2500LBD
道糸:TORAY 銀鱗スーパーストロングNEO 3.5号
ハリス:SUNLINE トルネード松田スペシャル競技 ブラックストリーム  1.75号
磯釣りLOVE

↓今日は仕舞いだぜ ブログ村へのお帰りはコチラ
にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

スポンサードリンク