初心者向けのリール 初めてのリール選び おすすめ(ダイワ トライソ、シマノ ラリッサ)

スポンサードリンク

どんなリールを買えばいいの?

釣り具と言えば、竿とリール。どちらも初めての場合は何を買えばいいか分からないと思います。私も全く分かりませんでした。

竿は、まぁ、ぶっちゃけてしまえば何でも大丈夫なんですが、リールは結構難しいですね。

磯釣り用リールと他のリールの違いは?

磯釣り用のリールは磯で釣れる魚を対象にしています。磯では、仕掛けを投げたり、落とし込んだり色々な使い方をしますので汎用性が高いスピニングリールが一般的です。
形状の違いと言えば、レバーブレーキが付いていることでしょうか。

名前に付番されている数字の意味は?

2000、2500、3000等の番号が付番されていますね。この番号はリールの巻き取りの力の強さを表しています。大きくなればなるほど力は強くなりますが、サイズが大きくなり、重くなります。
Daiwaなら2500番が一般的です。daiwaなら、と書いたのは同じ数字でもメーカーによって規定が違うからです。

名前の前や後に付いているアルファベットの意味は?

メーカーによって系列が違うんですが、

H:ハイギア→一回ハンドルを回した時の糸の巻き取り量が多い。但し、ハンドルを回す時に重く感じる(回す時に力が必要)

これだけ覚えておけば大丈夫です。
残りは見た目で分かります。

浅溝スプールとは?

リールには道糸を巻きつけます。3号の道糸を150m巻けるのが一般的でしょうか。
浅溝スプールの場合、30m分くらいしか巻けません。投げ釣りでもやらない限り、150mの道糸を出し切ることはまず、ありえません。
実際に使う量は30mもあれば十分なのです。仕掛けを投げ入れる際、道糸がスプールの端に当たって抵抗となり飛びが悪くなります。スプールの奥の方に巻かれている道糸ほどスプールに当たりやすくなります。
このため、150m巻のリールで何かしらの理由で30m程道糸を失った場合、スプールに下巻きという道糸とは別の糸を巻き、増量させてから120m分を巻き直したりします。
だったら最初から30m巻のリールでいいのでは?というのが浅溝スプールを使う理由です。また、ルアー釣り用のPEラインと呼ばれる糸が高価なため、30m単位で購入したいという理由もあります。

色々書きましたが、30m巻のスプールで根掛かり等で糸が切れたら、新しい糸を磯で巻き直さないと釣りが続行できなくなりますので、普通のスプールでいいと思います。磯釣り用のナイロン糸は安いですし。

どの位の価格帯のリールを買えばいいの?

3000円〜10万円までの価格帯がありますからね。迷いますよね。磯釣りのリール選びの場合、必須となる機能があります。それが防水機能です。
防水機能がないとすぐに錆びてしまい、使い物にならなくなるでしょう。防水機能があれば、釣行の度に水道で丸洗い出来ますので、結果的には安上がりです。それに、ある程度の価格帯になると愛着も出てきます。

防水機能が装備されているリールは実売8000円位からではないでしょうか。
レバーブレーキが付いてくるとなると1万円は超えてきますね。

併せて、ドラグ機能も欲しいですね。

釣り用のリールは精密機械ですので、ネームバリューがあるメーカーがおすすめです。サポートもしっかりしています。
老舗のダイワ、リール作りが得意なシマノがやはり候補に挙がってきます。

このような訳で、磯釣り初心者向けリールはdaiwaならトライソ、shimanoならラリッサをオススメします。
この二つのリールは磯釣りリールの基本機能が揃っています。価格帯が高いリールは精度を高めたり、軽量化しているのです。
投げたり、落としたりしない限りは壊れることもないでしょうし、長く使えると思いますよ。(3000円レベルのリールは釣りの途中にネジとかハンドルが落ちたりするんですよ・・・。)

daiwaかshimanoかは感覚の違いですね。竿と合わせるとか服と合わせるとかお好みですね。

↓磯釣り入門用リールに最適 ダイワ トライソ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ダイワ(Daiwa) トライソ 2500LBD
価格:19430円(税込、送料無料) (2016/11/8時点)

↓シマノ BB-X ラリッサ 2500D

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シマノ(SHIMANO) BB-X ラリッサ 2500DXG
価格:20790円(税込、送料無料) (2016/11/8時点)

以上。自分に合ったリールが見つかるといいですね。

↓今日は仕舞いだぜ ブログ村へのお帰りはコチラ
にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

スポンサードリンク