2016/01/31 釣行記 三浦 油壺 道寸下 海よ、私を癒してくれ

スポンサードリンク

超忙しい〜。カオスだカオス(仕事が)。

釣りに行きたいな、海に癒してもらいたいな。

と向かったのは油壺。波が無い。風も無い。水深も無い。

気ままに竿を振るえる安定の油壺。

image
道寸下

状況
・曇り
・小潮
・北東2m
・寒い

黒鯛でも釣れないかなと、のほほ〜んと釣り糸垂らします。
油壺の冬の海は透明感があり、気持ちいいです。
夏はエサ取りの宝庫なんですけどね。今日はエサ取りがいないみたいです。

ボヘ〜

ボヘ〜

ボヘ〜

ウキに全く反応がありません。死んでるんでしょうか、この海は。透明感があるのはいいんですが、生命力を感じられません。

(・ω・)引けっ、引かぬかっ!!

念波出します。

状況変わらず。一回くらい引きなさいよ。

そうこうしてる内に、夕暮れとなり、一番人気の道寸の鼻が空きました。
ありがたく頂戴します。

道寸の鼻からは竿一本で水深が深くなる地点が探れ、道寸下ではジョーカー的となるこのハナレは非常に便利な場所なのです。

さて、夕マズメ後半だし一発狙いで手前にコマセ集めちゃいますか?

ドボーン、ドボーンとコマセを急激に水深が深くなる地点の境目に投入します。この辺の溝を辿って大型が来るハズ。

そこから丹念に溝を繰り返し攻めます。

棚は若干深めの2ヒロ。普段はもっと浅めでやりますが、今日は深くないと無理かなと。だって全然反応無いんだもん。

ω・)ん?

今、一瞬ピクっとなりかけたな・・・。

もう一回攻めるか・・・

同じ地点を同じ落とし方で狙います。来い来い、来てくれ。パクッと食べて〜

パクッ

(・ω・)パクッと来た〜!!!

ググッ・・・

おぉ!!イイ、素晴らしい引き。これだ、やっぱコレだよな〜。
溝に潜られないようにちょっと強引に、、、出てこい。

愛竿がしなり、引き剥がすことに成功。ウフフ〜

姿を現したのはまぁまぁサイズのメジナ。

似たようなやり方でもう一匹追加し、満足して帰りました。

image
32cm

帰り道、暗い暗い道寸下の道を一人で帰るのはナカナカの緊張感が味わえますよ。

釣果
メジナ2匹

使用タックル(竿):Daikoh PROFIELD 瞬技 1.25号 5.3m
リール:Daiwa 10プレイソ2500LBD
道糸:TORAY 銀鱗スーパーストロングNEO 3.5号
ハリス:SUNLINE トルネード松田スペシャル競技 ブラックストリーム  1.75号
磯釣りLOVE

↓今日は仕舞いだぜ ブログ村へのお帰りはコチラ
にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

スポンサードリンク