【磯釣り初心者向け】30cmオーバーのメジナの釣り方 フカセ釣り 実釣編1

スポンサードリンク

密かに始まった密かに続いている軍曹シリーズ。第4弾
※このコーナーは軍曹が偉そうに話すのがテンプレートです。
———————————————————–

ω・) よ〜し、駐車場に着いたな?では、フローティングベストを着込んで、磯釣りセットを持って磯まで歩くんだ。気合だ‼️

磯に着いたか。では場所選びだ。他の釣り人とは20mくらい離れた方がいいぞ。場所はいっぱいあるからな、荷物を置いて釣り座を探すのも一興だ。防波堤と違って釣り座は選びたい放題だ。楽しいぞ。

・水深(夜は浅くても釣れます。)
・波が来るかどうか
・タモが届くか
・竿を振りまわせる広さがあるか
・潮通し
・底が砂地か、岩場か(メジナなら岩場、黒鯛なら砂地orツブ根)

釣り座選びの基準はこんなところだ。波が来ないかどうかは、釣り座の足元の岩場を見てみるといい。濡れている場合はそこまで波が来るってことだ。 荷物が多いから広い方がいいぞ。避難場所にもなるしな。

あと、釣り座が決まったら荷物は釣り座より一段高いところか、かなり後方に置いておいた方がいい。磯では不意に大波が来ることがあるぞ。

大物がかかった時に、どこから取り込むかも考えておくんだ。メジナは磯際ではダイブして逃げようとするぞ。手前に逃げ込まれそうな岩場がある場合は取り込みの難易度が高い。なるべく取り込みやすいところに構えるのがいいだろう。

釣り座が決まったら、コマセ作りだ。バッカンに集魚剤とオキアミと海水を入れ、混ぜるんだ。『しっとり』ぐらいにな。混ぜるのはマゼラーを使ってもいいが、ゴム手袋を装着して手で混ぜるのが1番確実だ。あと、刺しエサ用のオキアミもちゃんと取っておくんだぞ。

コマセが出来たら、竿を伸ばして針にエサを刺せば準備オッケーだ。

ω・)次はコマセの投入だ。コマセを入れる場所は重要だぞ。

大体、コマセ投入のコントロールが効くのは10m以内だ。それ以上になると、経験といい杓、それにコマセの硬さ・粘度とかも調節が必要だ。まずは10m以内でやってみるといいだろう。
でも、沖の方が魚の警戒心は薄れるぞ。

初めて行く場所なら、どこがポイントが分からないから最初は雰囲気でに始めるしかないな・・・。
沖の沈み根の近くや、沈み根と砂地の切れ目等を狙うといいだろう。

あとは、『ヨレ』だ。ヨレとは海流と海流がぶつかり合っている場所だ。
海を見ると、スジが出来ているのが分かるだろうか?それがヨレだ。

image
ヨレ

ヨレは海流が潜り込むので、そこで魚は口をパクパクしながらエサが落ちて来るのを待ってるんだな。
だから、ヨレの近くでやるといいだろう。ヨレのど真ん中にコマセ入れるんじゃないぞ。若干離すんだ。

コマセを撒いたら、コマセ着弾地点より遠目に仕掛けを投げ入れるんだ。仕掛けが着水したらリールを巻いて、仕掛けをコマセ付近まで持って来るんだ。ウキからハリまでがピンと張った状態にするのが重要だぞ。これをやらないとアタリが出ないからな。あと、必要に応じて追いコマセを打つんだ。

ω・)何?どうせエサの重みで沈むから、投げたら放っておいていいんじゃないかだと?

馬鹿ァァ(#`・Д´・)=O)゚Д゚@)ノありがとうございます

ω・)魚はなぁ、フォール中(エサがユラユラと海中を落ちて行く時)が1番食いついてくるんだ。仕掛けを張った状態でフォールさせないと、魚が食いついた時にアタリが出ないだろう?

因みに、このフォール中に食わす場合は棒ウキより円錐ウキに分があるぞ。

ウキ下は1.5ヒロくらいから始めればいいんじゃないかな。

・ウキにアタリなしにエサが無くなる
・釣れた時に針を呑まれている

こんな時はウキ下が長い可能性が高い。この場合はウキ下を短くするんだ。1.5ヒロ⇨1.0ヒロ⇨0.5ヒロといった具合だ。

エサが取られない場合はウキ下を長くするか、仕掛け投入ポイントを変えるか、2、3投粘るかだな。
大体コマセを2〜3回撒けば近くの魚は寄ってくるぞ。

ω・)あと、時間帯、潮によってはエサを食わない時間帯がある。これはまぁ、仕方ないだろう。全く食わないわけではなく、アタリが少なくなるという感じだけどな。

ω・)よし、次は実釣編その2だ。

ω・)何?一気に書けだと?

馬鹿ァァ(#`・Д´・)=O)゚Д゚@)ノ書けよ

ω・)色々あんだよ

【磯釣り初心者向け】30cmオーバーのメジナの釣り方 フカセ釣り 場所選び編

2015.06.01

【磯釣り初心者向け】30cmオーバーのメジナの釣り方 フカセ釣り その他の道具編

2015.06.01

↓今日は仕舞いだぜ ブログ村へのお帰りはコチラ
にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

スポンサードリンク