図解 竿とスピニングリールのメンテナンス 竿の傷の補修とリールのシャーシャー音の改善

スポンサードリンク
1年間の感謝を込めて、愛竿メガディスをお手入れしました。普段は釣行後に濡れタオルでゴシゴシして、空拭きしておしまいにしてます。
  竿をどうやって大事にするかどうか、よく分からずに使ってましたので、結構傷付いてます(投げたりはしてませんよ)。以前は受三郎持ってなかったので、魚が釣れた時に磯に置き竿してました。熱伸縮チューブでガードしておいたので傷付かない予定だったのですが・・・

メガディス先生、スミマセンm(__)m

購入したのはコレ
o0480036013329146278

 

(=゚ω゚)どんだけキレイになるのか分かりませんが、やってみます。
 キズ消し用の3000番でゴシゴシゴシゴシ。
五分後
(・ω・)腕痛いっす
7500番はすっ飛ばして鏡面仕上げの9800にワープ。ゴシゴシゴシゴシ。
3分後
(・ω・)腕痛いっす
o0480064013329146284

after

 

(つД`)ノすまん。今日はコレで許して。メガディス先生。

さて、次はリールです。

釣行後にタオルで磨いたり、水洗いして油差したりはしてたんですが、最近シャリシャリ音が出るようになりました。しかも、水洗いすると異音が酷くなります。
(・ω・)なんで?
糸を出さずに素で巻くと無音なのですが、竿にセットしてラインを出したり巻いたりするとシャリシャリ音が出ます。しかも水洗いしたら酷くなるという。

ネットで調べた結果、同様の症状があり、「ラインローラー」というところが怪しいと分かりました。

ω・)ラインをセットして・・・・ロールしてるところ・・・

o0480064013329146265

ココじゃないだろうか?そもそもココはこんな形状であって回転するものなのだろうか?よく分からないので、最寄りのネジを外してみました。
なんという事でしょう、真っ白です。これが「塩噛み」ですね。毎回フキフキしてたから塩噛みなんておこさないよ、とか思ってましたが思いっきり塩が付いてました。
ティッシュでフキフキし、再セットします。竿にリールをセットしてライン出していざ!!

シャーシャー

ω・)うむ。劇的に改善したぞ。どうやら原因はココで合ってるらしい。しかし、微妙に異音が残ってるな・・・。

もう一回同じところをバラします。前回はスルーしてたのですが、灰色のバリ(金属片)が結構付いてたんですよ。これもティッシュでフキフキし、回転をサポートしていると思われるプラスチックの白いヤツもキレイにしました。

普通はベアリングが入ってるんじゃないのか?プラスチックで代用ってケチではないか?と思ったんですが、色々調べてみるとこのリール(定価2万円台)を扱うユーザ層だとメンテナンスしない人がいるからベアリングの方がトラブルが多いんだとか。

ω・)耳が・・・痛いっす・・・

さて、こんだけティッシュでフキフキしたら次はグリスですね。

ω・)マーガリンでいいんじゃないか

いや、やっぱりグリス買ってきた方がいいだろう。ということで釣具屋でグリスを買ってきました。普通のグリスだと粘度がアーダコーダ言われそうなので、文句言われないヤツを買ってきました。
グリスを塗り、再度組み立てます。竿にリールをセットし、ラインを出していざ!!!

フィィィーン

ω・)スパシーバ!!!素晴らしい。

私にも出来ました。

図解 竿のメンテナンス ギシギシ音の解消

2016.05.16

↓今日は仕舞いだぜ ブログ村へのお帰りはコチラ
にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

スポンサードリンク