【磯釣り初心者向け】30cmオーバーのメジナの釣り方 フカセ釣り その他の道具編

スポンサードリンク

密かに続いている密かな裏シリーズ第2弾。
7月中にアップするといいながら今頃アップ。

ω・)忙しかったんですよ。ごめんちゃい。

ーーーーーーーーーーーーココから

ω・)よ〜し、仕掛けは準備整ったようだな。仕掛け編を読んでないヤツはここを読むんだ。

ω・) 次は仕掛け以外の道具だ。何?仕掛けだけで十分だって?

馬鹿ァァ(#`・Д´・)=O)゚Д゚@)ノ

ω・) うむ、殴っといてアレだか、もっともだ。しかしだな、色々あった方が釣れるんだぞ。撒き餌とか撒くと超、魚寄ってくるからな。

青イソメ使えば撒き餌は要らないって?

馬鹿ァァ(#`・Д´・)=O)゚Д゚@)ノ

ω・)メジナはなぁ、青イソメ喰わないんだよ!!(いや、食うかもしれないがそんなに好きじゃない。と思う。)
まぁ、なんだ、撒き餌撒いとけ。釣れるから。

Lesson4
【その他の道具】
・バッカン
・クーラーボックス
・ロッドケース
・水汲みバケツ
・コマセ撒き杓
・タモ
・フローティングベスト
・ブーツ
・マゼラー

image

バッカン:撒き餌(コマセと呼ぶ)を入れる。バッカンを使えば非常に混ぜやすい。語源は麦缶だとか。バケツでも代用可能であるが、磯まで持っていくには煩わしい。

クーラーボックス:魚をピチピチの状態で家に持って帰るために使う。中には氷を入れておく。ペットボトルを凍らせて入れておけば、次回以降も凍らせるだけで再利用できるし、便利だぞ。併せて、保冷剤とか入れとくとより冷える。磯釣りなら15ℓくらいの容量がいいぞ。大きいと重いからな。

ロッドケース:竿、リール、道具入れ、タモ等を格納するケース。駐車場から磯まで歩くことが多いため、持っておいた方がいいだろう。

水汲みバケツ:小型のバケツにヒモがついており、磯に投げ入れてヒモを引っ張って海水を回収するための道具。コマセに海水を混ぜたり、手を洗ったりするのに海水を使う場面は多いぞ。また、釣り終わった時にコマセで汚れた地面を洗い流すのに使うんだ。ちゃんと掃除して帰るんだぞ。そういう意味で必需品だ。

コマセ撒き杓:コマセを撒くのに使う杓だ。手で撒く訳にもいかんだろう?杓を使えば狙った所に狙った量を撒くことができる。取り敢えずは200円くらいの杓から始めてもいいが、慣れてきたら1000円以上のを買った方がいい。釣りが簡単になるぞ。

タモ:大物がかかった時に使う網だ。磯竿と同じくらい伸びるので海面まで届くようになっている。長さは5mが一般的だな。大物を釣って竿で海面から魚を抜き上げると、最悪は竿が折れるぞ。磯竿なら30cm超える魚は抜き上げない方がいい。うまく竿をしならせて、胴に乗せれば抜き上げることもできるが、竿には優しくないだろう。

フローティングベスト:救命胴衣だな。万が一、海に落ちても浮く。安いヤツでいい。必需品だ。磯で海に落ちたら、あの世に行くぞ。マジで。ちなみに、安いヤツでもちゃんと浮くから安心しろ。あとな、股紐通すの忘れちゃダメだぞ。ジッパーでジジっと締めて完了じゃないからな。股紐通さないと、海に落ちた時に脱げるぞ。

ブーツ:長靴だ。磯だとスパイク付きが望ましい。履かないと磯で滑ってコケて怪我するぞ。

マゼラー:先端が刃物になっており、オキアミを砕いたりするのに使う。釣具屋で冷凍で売ってるオキアミは磯に着いた時にはまだ溶けてないんだ。カチンコチンに凍ったオキアミを手で何とかするのはキツいぞ。

よし、磯に持って行く道具は揃ったな。

おさらいだ。磯には以下のものを担いで行くんだ。

・ロッドケース(竿、リール、小物入れ、タモ、コマセ撒き杓を収納)
・クーラーボックス(飲み物も格納。磯に自動販売機はないぞ)
・バッカン(水汲みバケツ、マゼラー、集魚剤、オキアミ等を収納)
→入りきらない場合はビニール袋またはリュックサック等のバッグに集魚剤を入れて持ち運ぶ)

ω・)何?重い?

馬鹿ァァ(#`・Д´・)=O)゚Д゚@)ノありがとうございます

重いに決まってんだろ!!毎回毎回ヒィヒィ言いながら運ぶんだよ。それが磯釣りってもんだ。
よーし、次は場所選びだな

ω・)

【磯釣り初心者向け】30cmオーバーのメジナの釣り方 フカセ釣り 場所選び編

2015.06.01

 

↓今日は仕舞いだぜ ブログ村へのお帰りはコチラ
にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

スポンサードリンク