2015/03/08 釣行記 三浦 海外港 海外テトラ ここは釣りガールでも30cmオーバー?

スポンサードリンク

゚ω゚)今回は待ちに待った舟での出撃です。実は計画は過去3回立てて、3回とも天候が悪くて行けなかったのです。4回目にしてやっと舟に乗れました。

そして、今回はメールで釣行にお誘いくださったKENさんと同行というか、KENさんに全部手配してもらいました。あと、KENさんのお友達の方も急遽参加いただきました。
m(__)mお役に立てずすみません、4回も予約してもらってすみません。
(=゚ω゚)まぁ、私のヘタれ具合はブログでバレてるので、ありのままで釣ります。
過去3回流れた際は舟で地磯に渡るプランだったのですが、今回は地磯が空いてないとのことで海外港のテトラに渡ることになりました。ちなみに、「かいがい」ではなく、「かいと」と読みます。
なんか、釣り初心者のギャルでも30cmオーバーのメジナが釣れるトコロみたいです。
さて、テトラは取り込み時が大変みたいで、テトラに潜られるとアウトとのことです。根際で潜り込まれるのを避けるなら先調子の瞬技のが良さそうですが、1.25号なので大丈夫かな??1.5号のメガディスも持って行こうかな?いや、そもそも根際に張り付かれたらマズイというのはどの磯でも同じだから胴調子でもいいのかな?あれ?よく分からなくなりましたね。胴調子のメリットって何だっけ?
う~ん、根際だけ考えると先っぽが曲がった方が有利なので、瞬技でいこうか。
海外テトラでの釣り方とか仕掛けとかをKENさんに質問して準備万端です。状況次第で正解がないと分かってて質問してるのですが、答えてもらって有り難かったです。
当日は衣笠インターで待ち合わせて、KENさんに船着場まで案内してもらいました。
(・ω・)いつも渋滞する道路を避けるスゲー裏道教えてもらっちゃいました。
KENさんは予想通りの優しい方でした。釣りの知識は流石というしかありません。
そして船長は80歳超えの御大で、最初お目にかかった時は海そのものに見えました。
(・ω・)オーラが海と同じなんですよ。

 

渡船場から見る海外テトラ
事前情報だとテトラの表側は鬼のようにエサ取りがいて、タナは1ヒロだとか。エサ取りの中から大型を探す釣り。対して裏側はエサ取りもまばらで底までオキアミが持つらしいです。
出船まで時間があったのでKENさんとお友達と釣り談話です。今日はこの3人しかテトラに乗らないみたいですよ。
(=゚ω゚)ノ私が棒ウキ好きなの覚えててくださり、KENさんから棒ウキと杓をプレゼントされちゃいました。ありがとうございます。あと、KENさん自作の練り餌もいただいちゃいました。エサ取りがヒドい時はコレだそうですよ。秘密の配合っぽいので写真は載せませ~ん。練り餌道は深そうです。
さて、舟に乗り込み出船です。荷物の受け渡しは見よう見まねでやりました。初めてなのでスムースにはいきませんでしたが。
磯用品は手で持つタイプと肩ベルトタイプがあります。地磯派の私は肩ベルトタイプじゃないと駄目なんですよ。(磯を歩くのに手が空いてないと危ないので)何故手さげタイプかあるのかなと思ってましたが、渡船の時はこっちが便利なんですね。
テトラまで到着して、いよいよ渡しです。船長が舟をテトラに押し当ててくれてるのでホイさっと渡れました。荷物を降ろして、渡し完了です。
ω・)ふぃ~、最大の難関を乗り切ったぜ
KENさんは先っぽに移動、お友達は表側へ移動。私は渡されたところに留まって、裏側で開始です。テトラが旧式のテトラなので曲面が多く、結構スリルがあります。
水深測ると6~7mってとこでした。普段は3m位の水深で釣りしてるので、ダイブ深く感じます。
状況
・曇り
・中潮
・風、北東8m
・波は無し(テトラの裏側なので)
・風があるので、寒い
(=゚ω゚)ノ30オーバー釣るぞ~。あわよくば40オーバーを。
底狙いでスタートです。しかし、気合と裏腹にエサ取すらおらず、完全ボーズで昼ご飯となりました。
KENさんがメジナ1匹、お友達の方はメバル1匹とコッパ数匹、私ボーズ。
PBだけは避けないと。
KENさんにカップラーメンいただいて食べました。磯で食べる暖かいものは美味しいですね。しかし、KENさんのバック何でも入ってるな・・・。コーヒーもいただきました。
KENさん「あと四時間頑張りましょう」
いつもは釣れるまで自動延長で釣ってますが今日は時間内に結果を出さないと。
生体反応ないまま釣り続け、四時くらいでしょうか。エサが取られるようになりました。ウキに反応はありません。ここでKENさんが30後半のメジナを掛けました。
ω・)オホー、デカイな。アレ釣りたいな。
KENさんが棚を教えてくれました。
(=゚ω゚)え?そんなに浅いの?いや、ここは信じるしかない。
教えてもらった棚でやると・・・
ズボッ
(・ω・)は?
真夏を彷彿させる0.1秒でウキが消える見事な当たりに思わず声が出ちゃいました。
釣れたのは海タナゴでした。
(・ω・)しかし、棚が違うとこんなにアタリの出かたが違うのか~。う~ん、スゴイな。
そこからラスト1時間はアタリは出るもののメジナは釣れず、海タナゴばっかりです。あと、針が無くなったのでフグもいたのかな。
メジナ釣りたいな~。雰囲気はある。雰囲気はあるのに釣りきれない~。
ふと、KENさんを見ると釣り終えていて、片付け始めてます。釣り可能の残時間はあと10分とのことです。
マズい。あと10分で釣らないと。
しかし、釣りきれずにラスト一投を迎えました。
ω・)ラスト行きま~す
釣りやってると帰りたくないのでラスト宣言は一人の時でもやるんです。しかし、ラスト宣言してから5回くらいやるんですけどね・・・。今日はホントにラストです。
ω゚)ノ沈め
念波出します。
ピクッ
(=゚ω゚)・・・
シュッ
(=゚ω゚)どぉりゃ~!!
来た。これはメジナです。
(=゚ω゚)よっしゃ~、あ、小さい・・、あれ?引くな?あ、小さい。
そんなこんなで上がってきたのは29cmのメジナでした。
良かった。釣れて良かった。
帰りの渡船もなんとかこなして陸に戻ってきました。荷揚げして船長に挨拶して反省会です。
色々勉強になりました。
最後、KENさんがお魚全部くれると言われるのでいただいて帰りました。
(・ω・)全部もらって大丈夫なんだろうか?

37cm 本日最大(いただきもの)

→刺身でいただきます。
同じ場所、同じエサでこれだけ差がつくと、やっぱり腕の差だな~と思います。
場所:海外テトラ
釣果:メジナ1匹、何もないと寂しいからキープした海タナゴ2匹。
一言:海外テトラ
(=゚ω゚)ギャルに負けた。

釣果情報満載の磯釣り総合サイトはこちら
http://fishing.blogmura.com/isoduri/ranking.html

関東地方の釣果情報はこちら
http://fishing.blogmura.com/kantoturi/ranking.html

使用タックル(竿):Daikoh PROFIELD 瞬技 1.25号 5.3m
リール:Daiwa 10プレイソ2500LBD
道糸:TORAY 銀鱗スーパーストロングNEO 3.5号
ハリス:SUNLINE トルネード松田スペシャル競技 ブラックストリーム  1.75号

磯釣りLOVE

↓今日は仕舞いだぜ ブログ村へのお帰りはコチラ
にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

スポンサードリンク